外壁塗装やエクステリアは専門に依頼~私たちの生活を守る君~

住宅を守る

Home environment

エクステリアの雨漏り工事に携わる人

住宅のエクステリアは2つの意味で重要です。一つ目が見た目です。その住宅のエクステリアは見た目の印象を決定づけます。もう一つは自然環境から住宅を守ることです。住宅が一軒あればそこに雨風が当たります。紫外線も当たります。しかもこの国の場合は夏は高温多湿、冬は低温で乾燥します。エクステリアはそれに耐えられるだけのものでなければなりませんし、それだけ重要な役割を果たしているのです。 それだけ厳しい環境にさらされてると痛みも激しくなります。雨漏りがその例でしょう。雨漏りは放っておくと屋根だけでなく室内の老築化にもつながるため、雨漏り修理業者を呼ぶ必要があります。雨漏り修理業者は大きく分けてハウスメーカー、工務店、設計事務所です。

それぞれのサービスを比較しよう

雨漏り修理業者の共通点は雨漏り修理をしてくれることです。これは当たり前ですね。ではその相違点は何でしょうか。 まず、ハウスメーカーは他の2つと比べると規模が大きい点が特徴です。それだけ修理回数の多く経験が豊富な点がその特徴になります。ただ、修理自体は下請けの業者がすることが多く、ハウスメーカーで修理専門の人を雇っていることはあまりないようです。 次に工務店です。通常工務店はその地域に密着していることに特徴があります。そのため、修理の依頼主の要望に合わせて柔軟に対応してくれるのが特徴です。また、修理は工務店が直接行うので経験は多いとは言えませんが要望は通りやすいのです。 最後に設計事務所です。設計事務所の強みはその専門性です。専門性を生かして細かいところまで要望を聞いてくれることが多いのです。ただし、修理は下請けが行います。